農福連携部門 農福連携推進活動事業

1 農業経営体の障がい者受入体験への助成



【助成対象】 障がい者の雇用体験として、就労系障害福祉サービス事業所への
業務委託や、障がい者個人を雇用する農業経営体。

【助成内容】 業務委託料又は賃金の相当額。ただし、農作業日数は5日以上が条件で、
助成日数は30日以内、助成額の上限は10万円とする。

【助成要件】 (1)助成期間は単年度とし、同じ助成対象者につき1回限り
(2)就労系障害福祉サービス事業所への業務委託又は雇用は、過去に
  受委託又は雇用関係がなく、初めて契約を締結するものであること。
  また、雇用は、農業経営体代表者の親族(3親等以内)ではないこと。
(3)就労系障害福祉サービス事業所への業務委託、障がい者個人の雇用
  ともに農畜産物の生産に関する業務に従事すること。ただし、自らが
  生産した農畜産物の加工を含む。
(4)就労系障害福祉サービス事業所への業務委託又は雇用は、休日を除き
  連続する契約期間のうち、最初の連続する期間を助成の対象とする。

【申請手続】 農福連携推進活動事業取組計画書を作成し、
(一社)岐阜県農畜産公社 ぎふアグリチャレンジ支援センター
農福連携推進室へ提出する。



2 農業経営体又は就労系障害福祉サービス事業所が行う、機械・器具の購入、機械・施設の簡易な改修に対する助成



【助成対象】 すでに障がい者を受け入れている農業経営体及び
就労系障害福祉サービス事業として農業に参入する法人

【助成内容】 バリアフリー化、安全性の確保、作業の効率化等、障がい者の
作業環境改善のための機械・器具の購入、機械・施設の簡易な改修に
かかる経費に対し、経費の1/2以内で助成額50万円を上限として助成。

【助成要件】 (1)農業経営体は、すでに障がい者を雇用しているか、
  就労系障害福祉サービス事業所に農作業を委託しており、
  その期間が連続して6カ月以上となることが確実であること。
(2)障がい者の雇用は、書面による雇用契約によるものとし、
  労働者災害補償保険に加入すること。なお、雇用保険は法令に
  従い加入すること。
(3)就労系障害福祉サービス事業として農業に参入する法人は、
  農地の権利を取得し、業として農業を営む法人又は農地以外の
  土地に水耕栽培施設などの施設を整備し、業として農業を営む
  法人とする。
(4)過去に雇用に関し法令に違反したことがないこと。
(5)助成により整備した施設、機械・器具は、法に定める耐用年数の
  期間、事業の目的に沿って誠実かつ有効に運用することを誓約し、
  毎年遂行状況を報告すること。

【申請手続】 農福連携推進活動事業取組計画書を作成し、
(一社)岐阜県農畜産公社 ぎふアグリチャレンジ支援センター
農福連携推進室へ提出する。

<用語の定義>
1 農業経営体
  統計法に基づく農林業センサスで定義された規模の農業者。

2 就労系障害福祉サービス事業所
  障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づき指定された
  就労移行支援、就労継続支援A型及びB型の各事業所

3 障がい者
  障害者の雇用の促進等に関する法律で定義された者のほか、発達障害者支援法に規定
  する発達障害者、難病のある者、高次脳機能障害者。


<取扱要領、様式、募集要領など>
申請手続以降の事務手続き、様式、募集期間等については、一般社団法人岐阜県農畜産
公社農福連携推進活動事業(助成事業)取扱要領様式募集要領をご覧ください。



3 雇用された障がい者と農業経営体双方の相談・支援を行うアグリトレーナーの派遣



【派遣目的】 農業と福祉に一定の知識を持つ者を委嘱し、雇用された障がい者と
農業経営体に対する相談・支援を行う。
農業経営体が適任者を推薦することもできる。

【支援対象】 障がい者を雇用する農業経営体
【支援内容】 1 雇用された障がい者に対する相談・支援
(1)人間関係、職場内コミュニケーション(挨拶、報告、職場内
  マナー等)に関すること。
(2)基本的労働習慣(継続勤務、規則の遵守、生活リズムの構築等)に
  関すること。
(3)職務遂行(職務内容の理解、作業遂行力の向上、作業態度の改善等)に
  関すること。
2 農業経営体に対する主な相談・支援
(1)障がい者に係る知識(障がい者特性の理解、障がい者に配慮した
  対応方法等)に関すること。
(2)職務遂行に係る指導方法(指示や見本の掲示方法、作業ミスの
  改善等)に関すること。
(3)職場環境の改善に関する相談・支援
3 派遣は、1作業日を1回とし、1事業所あたり10回を上限とする。

【申請手続】 「アグリトレーナーの派遣について(要請)」を作成し、
(一社)岐阜県農畜産公社 ぎふアグリチャレンジ支援センター
農福連携推進室へ提出する。

<用語の定義>
1 農業経営体
  統計法に基づく農林業センサスで定義された規模の農業者。

2 障がい者
  障害者の雇用の促進等に関する法律で定義された者のほか、発達障害者支援法に規定
  する発達障害者、難病のある者、高次脳機能障害者。


<取扱要領、様式、募集要領など>
申請手続以降の事務手続き、様式、募集期間等については、農福連携推進活動事業に係るアグリトレーナーの委嘱および派遣要領様式募集要領をご覧ください。なお、登録・派遣は随時受け付けております。



○問い合わせ先
ぎふアグリチャレンジ支援センター 農福連携推進室
  • 〒500-8384 岐阜県岐阜市藪田南5丁目14番12号
  • 一般社団法人 岐阜県農畜産公社
  • TEL:058-215-1503  FAX:058-276-1268








  • 障がい者農業参入チャレンジ事業

    1 農作業に従事する障がい者を支援する農業就労支援サポーターの派遣



    【派遣目的】 農作業等の知識・経験を持つ者を、農業者又は障害福祉サービス事業所の推
    薦により登録し、障害福祉サービス事業所の支援員と連携して、農作業の内
    容を分かりやすく説明・指導したり、作業支援を行う。

    【支援対象】 農業者から初めて業務の委託を受けた障害福祉サービス事業所や新たに農業
    に参入する障害福祉サービス事業所。

    【支援内容】 派遣は1事業所あたり年10回まで。ただし、同じ作業は1回限り。

    【申請手続】 障がい者農業就労支援サポーター派遣申請書を作成し、(一社)岐阜県農畜公
    社 ぎふアグリチャレンジ支援センター 農福連携推進室へ提出する。


    <用語の定義>
    1 農業者
      県内に所在する業として農作物・特用林産物の栽培、家畜・水産物の飼育等を行う
      法人・個人
    2 障害福祉サービス事業所
      障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づき指定を
      うけた就労継続支援A型及びB型、生活介護事業所


    <取扱要領、様式、募集要領など>
    申請手続以降の事務手続き、様式等については岐阜県障がい害農業参入チャレンジ事
    実施要綱、様式、募集要領をご覧ください。なお、登録・派遣は随時受け付けております。




    ○問い合わせ先
    ぎふアグリチャレンジ支援センター 農福連携推進室
  • 〒500-8384 岐阜県岐阜市藪田南5丁目14番12号
  • 一般社団法人 岐阜県農畜産公社
  • TEL:058-215-1503  FAX:058-276-1268


  • ページトップへ