岐阜県農業ジョブコーチについて

岐阜県農業ジョブコーチについて

 農福連携に取り組む農業者等を、農業現場で支援する専門人材です。
 農業者が障がい者を雇用する場合や障害福祉サービス事業所に作業を委託する場合に、農業者には、障がい者との接し方や作業指示の方法、治具の工夫などを、障がい者本人や障害福祉サービス事業所職員には、作業手順や作業方法などを助言し、農福連携の取り組みが円滑に行われるよう支援します。

岐阜県農業ジョブコーチの派遣要請

 障がい者を受け入れる農業者で、岐阜県農業ジョブコーチの支援を希望される場合は、岐阜県農業ジョブコーチ派遣要請書に必要事項を記入し、(一社)岐阜県農畜産公社農福連携推進室に提出してください。ただし、職場適応援助者(ジョブコーチ)や岐阜県障がい者農業就労支援サポーターの支援を受けている現場には派遣できませんのでご注意ください。

岐阜県農業ジョブコーチ養成研修

 農福連携の現場で、岐阜県農業ジョブコーチとして活動いただくために必要な知識
を修得していただくための研修を行います。
<令和2年度>
 【日時・会場】
   研修日程は2日間です。


 【対象者】
   農業従事者、農業技術指導経験者など農業知識のある方で、岐阜県農業ジョブコ
   ーチとして活動が可能な方
 【募集人員】
   10名
 【申込方法】
   受講申込書に必要事項を記入し、FAXで、(一社)岐阜県農畜産公社農福連携推進
   室に送信してください。
 【申込期限】
   令和2年8月5日(水)
 【その他】
   1 現場実習の規模に制限がありますので、定員以上の申し込みがあった場合は、
     住所を県内10地域に分類のうえ、抽選により今年度の受講者を決定させて
     いただきます。
   2 >カリキュラム、時間割
   3 >会場案内図
   4 >令和2年度岐阜県農業ジョブコーチ養成研修実施要領


岐阜県農業ジョブコーチ活動補助金

 岐阜県農業ジョブコーチの活動に対して補助金を交付します。
 【登録】
    岐阜県農業ジョブコーチ養成研修修了者に、岐阜県農業ジョブコーチとして
   の登録とあっせんに応じて活動することに対する同意書を提出していただきます。
 【活動の手順】
   ・農業者からの助言要請を受けて、ぎふアグリチャレンジ支援センターは、現場に
    近い登録者を選び、希望内容を伝達します。活動が可能な場合は、農業者と連
    絡を取り、日程を調整して「活動計画書」を提出します。
   ・ぎふアグリチャレンジ支援センターの指示を待って活動を開始します。
   ・計画した活動が完了したら、活動報告書、活動記録表(日報)、請求書を提出しま
    す。
 【補助金の額】
   1日5,000円。
   ただし、1日の活動時間が3時間に満たない場合は、1時間あたり1,000円。
 【制限等】
   〇次の場合は、他の制度との重複を避けるため活動を行いません。
    ・農業者が、職場適応支援者(ジョブコーチ)の支援を受ける場合
    ・就労系障害福祉サービス事業所又は生活介護事業所が、障がい者農業就労支援
     サポーターの支援を受ける場合
   〇1農業者に対する助言活動の上限は1年度かつ10日(回)です
   〇職務上知り得た個人の情報は、退職後も口外厳禁です

>岐阜県農業ジョブコーチの設置及び同活動補助金取扱要領
岐阜県農業ジョブコーチ用様式(word)

ページトップへ